トップへ/パネルヒーター/HR-C/エアコン

ヒートポンプは環境にも家にやさしい!

ヒートポンプとは?

「ヒートポンプ」とは、わずかな電気の力で「空気熱」をくみ上げるしくみ。 空気の熱を利用して高効率なヒートポンプ式暖房は、少ないエネルギーで多くの熱をつくり出すことができるため、地球温暖化への影響も少ない環境にやさしいシステムです。

大気熱を利用するから、省エネルギーで環境にもやさしい!

空気から熱をくみ出す -ヒートポンプ-

液体や気体には、「圧力を高くすれば温度が上がり、圧力を下げれば温度が下がる」という性質があります。たとえば自転車のタイヤに空気入れで空気を入れていくとタイヤが熱くなりますが、これは、タイヤの中の空気の圧力が高くなることで、空気の温度が高くなっているからです。

ヒートポンプは、このような液体や気体の性質を利用して、熱を伝える媒体となる「冷媒」の温度を調整し、冷媒に接する空気や水の温度を変えるものです。

ヒートポンプの仕組み

例えば湯沸かし器でガスを燃焼させてお湯を沸かす時は、ガスの燃焼で発生した熱を水に伝えることで水の温度を上げます。しかし、ヒートポンプを使う方が、より少ないエネルギーで、同じだけの熱を水に伝えることができます。つまり、より少ないCO2の発生量で、同じ結果を得られるのです。

ヒートポンプ採用機器:エアコン冷暖房パネル HR-Cエコキュート(給湯)

快適でクリーンな冷暖房

使用例はこちら!

室内での燃焼を伴わない暖房システムだから、空気を汚さず安心。 水蒸気の発生もほとんどないので結露をおさえ、クリーンな室内環境を保ちます。また、湿気による建設材の傷みも少ないので、住宅を長持ちさせます。
東北の寒い冬。暖かい暮らしをかなえるために、高断熱・高気密は住まいづくりの基本になっています。熱の逃げにくい高断熱・高気密住宅は冬を快適に過ごせますが、一方で室内の空気への配慮が必要になります。
そこで、大きな効果を発揮するのがオール電化システムです。とくに、「ヒートポンプ温水暖房」は、やわらかなふく射熱で家中を快適に暖めます。さらに、結露やカビの原因となる水蒸気の発生もほとんどなく、室内の空気はいつもクリーン。
人にも住まいにもとっても健康的な暖かさが、高断熱・高気密住宅での毎日をより快適にします。

高断熱・高気密のオール電化住宅とヒートポンプ冷暖房

画像の説明ヒートポンプ機器を採用したオール電化住宅の特徴は、省エネルギーで環境に優しいこと。このメリットを最大限に引き出すのが高断熱・高気密住宅です。室内の熱が逃げにくい住宅性能を活かし、さらに優れた省エネルギー性を発揮します
画像の説明室内の急激な温度変化は、身体に負担となり、ヒートショックの危険性があります。そこで重要になってくるのが、家全体の快適な温熱環境の整備です。住まい全体の温度差というバリアを解消した全館暖房なら、住まいのどこにいても温度が一定です。部分暖房にありがちな、空間を移動する際の急激な温度変化がなく、健やかな暮らしへ導きます。

トップへ/パネルヒーター/HR-C/エアコン