トップへエコキュート

停電時でもお湯は使える

エコキュートの場合、断水しなければ停電でもすぐにお湯が止まることはありません。例えば、ダイキン工業や東芝キヤリアのように、沸かしたお湯がタンクに残っていれば使えるものがあります(下の表を参照してください)。

 パナソニック電工や日立製作所もタンク内にお湯があれば使えます。ただし、型式によっては水しか利用できないものもあります。また、お湯が出ても温度調節ができないため、やけどをしないように湯温を確かめながら使用するなどの注意が必要です。

 停電に断水が重なるような非常時には、タンク内に残っているお湯を非常用の取水栓から使用できます。ただし、飲用はせず生活用水として使用することをメーカーは推奨しています。詳しくは各メーカーの取り扱い説明書に記載されている使用方法を参考にしてください。

エコキュートの停電時の使用方法

メーカー名停電時のお湯の使用および注意点
 コロナ  停電時は安全のためにできる限り機器のスイッチを切る(安全装置が働く場合があるが、電源スイッチのオン・オフで解除できる)。停電時にお湯が出る機種と出ない機種がある。お湯を使える機種は、タンク内に残っているお湯が停電前の設定温度の状態で利用可能。
 ダイキン工業 停電前1時間以内にお湯を使用していた場合は、停電前に設定した温度のお湯が出る。それ以外の場合は水が出る。ただし、集合住宅で給水用ポンプを設置している場合は断水となり使用できない。
 東芝キヤリア 停電中でも、タンク内にお湯が残っていれば、お湯を利用できる。リモコンで給湯温度を設定できる機種は、停電発生直前のリモコンの給湯温度設定で使用可能(湯温には注意が必要)。風呂の自動湯はり機能は使用できない。
 パナソニック電工 タンクにお湯が残っている場合、蛇口からの給湯は可能。湯温の調節ができないため、手元で湯温を確かめながら使用する。ただし、型式がXVBETで始まる製品 (例:XVBET4614ATなど)は、停電中の使用では水しか出ない。停電復帰後は、タンクにお湯が残っていればそのままお湯が使用できる。なお、運転中(沸き上げ、湯はり、ふろ自動)に停電が起きた場合は停止するが、タンク内のお湯は蛇口やシャワーから使用できる(湯温の調節ができないため、手元で湯温を確かめながら使用する)
 日立製作所 水道直圧給湯タイプ(製品型式がBHP-FSV****、BHP-FS****、BHP-FD****、 BHP-FW****、BHP-FC****。*には、英数字が入る)の場合は、水は出るが、お湯は使用できない。水道直圧給湯のタイプ以外は、停電時の設定によって異なるがタンクの中にお湯がある場合、お湯が使用できる。ただし、湯温の調節ができないため、手元で湯温を確かめて使用する。
 三菱電機 貯湯ユニットにお湯が残っていれば、いつものようにシャワー、蛇口でお湯を使えます。ただし、設定温度と異なるお湯がでることがありますので、湯温を確かめて使用する。断水時は蛇口・シャワーからは使用できませんので、非常用取水栓をご利用ください。