トップへ/新HRヒータ

PS施工事例「グループホームH」

画像の説明 八戸市内グループホームH様のPSパネルヒータ施工事例を紹介します。
空気を汚さず、火傷の心配もない低・中温輻射暖房のPSパネルヒーターを採用頂いております。画像の説明
画像の説明 カラーバリエーションも豊富ですので、周囲のデザイン、カラーとさらにマッチしたパネルが選定できます。
 窓からの冷気を防ぐために、窓の下に配置します。画像の説明
画像の説明 大きな窓の場合にはやはり熱が逃げやすいので、縦長のパネルを設置しました。

グループホームH様に採用頂いた商品はPSの灯油ボイラーが熱源の温水パネルヒーターです。
40度~60度と低温及び中温でパネル内を不凍液が流れているため、放射(輻射)と自然対流でスペース全体をおだやかに温めます。
また、空気を汚さず、火傷の心配も無く、直接温風が当たることもないので、快適暖房が実現します。
また、ご利用者がご高齢の方が多い為、温度差が生じにく全館暖房をご提案致しました。(ヒートショック:冬場、室温の急激な温度変化に対応できず、心筋梗塞などを起こすこと。)